売らなきゃ損するリサイクル術!大阪のリサイクルショップ

リサイクルは何でも買い取ってくれる訳ではありませんが利用価値の高いものは高価で買い取りをしてくれます。電化製品などの日常品だけでなく、ブランド品や自分では必要が無くなった、服なども他人からみれば、必要なものの可能性があります。

砂漠緑化活動について

砂漠緑化活動とは、砂漠に木を植える事で、砂の大地に緑を増やしていく活動です。主な活動の目的は、砂漠化の拡大防止、 CO2の削減、農地による食料やエネルギーの確保です。ただ、この地では普通に緑を植えただけではなかなか育ちません。

植物を育てるには、太陽光、酸素、水が必要です。ですので、砂漠に水をひく必要があります。また、砂漠にも生態系が存在し、砂漠緑化活動をする際にはその生態系に影響が出ないように細心の注意が必要です。

実際に行っている団体としては、NGO、企業、政府などが、地球温暖化防止を目的とした活動の砂漠緑化事業として行っている場合が多いです。

砂漠緑化に大切なことは

砂漠緑化とは、砂漠化が進んでしまった地域に、緑を人間の手で増やしていこうという活動です。いろいろな地域で活動をしており、特にゴビ砂漠で盛んに行われています。

緑化といっても、ただ単に植物を植えるだけでは育たず枯れてしまうので、その地域の特色にあった植物を植えないといけません。その選別作業が、とても大変です。その植物を植えるだけでも、育たないので井戸を掘って、自動で水やりが出来る設備を作ったりしながら、砂漠緑化を進めています。

現在では、世界のあちこちで砂漠緑化プロジェクトが進められていますし、多くの方の寄付によって、団体が運営されています。

砂漠緑化 って可能ですか

砂漠緑化には根気が必要です。砂漠化した土地に植生を回復するのは大変な作業になります。とは言え、半砂漠化が進む土地なら、農業を行うことも不可能ではありません。たとえば、飼育用のトウモロコシや、コムギや、コウリャンや、油用としてのひまわりの栽培などが考えられます。

そのほかにも、飼育用のトウモロコシをスイートコーンに変えるなど、今のままの技術で、栽培する品種を変えていく方法で、少しずつ砂漠緑化を進めて改善していく事が可能なのです。また、不要なトウモロコシの茎を粉砕したものを利用して、キノコを栽培する事も出来るのです。そして、菌床は有機肥料にもなります。

進む砂漠化を食い止めるべく砂漠緑化の必要性

地球の環境を考えると砂漠緑化はとても有効的だと言えます。今、地球は危機に脅かされています。特に砂漠化は地球上の陸地の4分の1とも言われており、主な原因として気候的要因と人為的要因の2つがあります。

砂漠緑化することにより、広がりつつある砂漠化を止めることもでき、農地面積の拡大もでき、更に地球温暖化防止にもなるので、砂漠化を止めることは地球環境改善のための未来を生み出すものとなります。

今後砂漠化が進めば、食糧難や資源不足なども起こりうることになります。そうならないためにも砂漠緑化プロジェクトなどの私たちのできることを探していきましょう。

砂漠緑化が叫ばれている現状

近年の環境汚染や、環境破壊における問題は、現代生活とは切っても切れない程大きなものとなっています。

世界を軸に考えてみても影響力は大きく、砂漠が増加している現状や、森林の伐採などが進められているといった現実が存在しています。砂漠緑化を行い、自然や緑を増やすにはどのような対処をすれば良いのか、専門機関などでも重要課題とされています。また研究なども急激に進み、環境問題をなるべく深刻化させないための対策が行われています。

現代生活を送る一人ひとりにとっても、砂漠緑化などの地球環境問題は深く関係する問題であることは間違いないでしょう。

砂漠緑化の目的について

砂漠緑化とは、砂漠化した土地に草木を植えて、それらが育つように計画することをいいます。砂漠化進行の阻止はもちろん、地球温暖化の防止、農地を拡大させて食料自給率をアップさせることなどが主な目的で、世界各地で活動がおこなわれています。

環境省が関連機関と連携して、途上国の砂漠化防止における国際的な協力をしています。砂漠緑化を進めるためには、砂漠に植木を根付かせるための技術、水の管理技術、塩害などを防止するための土壌管理技術などが必要とされています。世界中の全ての砂漠を緑化するのではなく、あくまでも砂漠化の進行を阻止し、草原や森林の再生を目指しています。

国際問題の砂漠緑化計画

緑が少なく一面砂だらけの世界の砂漠に木々を増やそうという計画が砂漠緑化計画です。

昔から砂漠に自然を増やすという取り組みは行われてきましたが、非常に困難なためなかなか砂漠緑化を成功させるのは難しいものなのです。けれど砂漠にはオアシスがあり、オアシスの周辺には木々があることから砂漠でも植物を育てることは理論的に可能なので、まずは小さなスペースで植林などを行い、人力で木々を育てるという方法が一般的な計画です。

砂漠は砂が広がり、どんどん面積が大きくなっていくので、これ以上拡大しないように砂漠緑化活動をとおして砂漠化を防ぎながら緑を増やしていけば面積を小さくできるので、そこを目標と掲げている団体も多いです。

砂漠緑化の取り組みを解説

緑の大地の砂漠化は、人々の暮らしにも影響をもたらします。砂漠化した大地をもとの状態に戻すことを、砂漠緑化といいます。砂漠化してしまった地域の植生を回復して、以前の草原の状態に戻すために、多くのボランティアが活動しています。植生に、防風、坊砂は欠かせないものです。難しいのは、苗木を植えれば完成ではない事です。

手入れと管理が継続していかなければ、植えた苗はたちまち枯れ果ててしまいます。しかも、1年や2年というものではなく、5年もしくは10年という長い年月が必要なのです。ボランティアの人たちから、いずれは、地域の人びとが砂漠緑化の活動を引き継いでいく必要があります。

砂漠緑化はどのような活動なのか

砂漠緑化は、砂漠化が進んだ地域に行き、緑を増やしていく活動です。ただ砂漠化の進んだ砂漠に行き、緑を増やすだけでは、また砂漠になってしまうので、どうしたら自然に育つようになるのかを研究し、機器の開発をしています。

その土壌に合った植物を探し、水を上げないといけない場合は、自動で水が撒けるように機械を開発し設置しています。設置だけではなく、どうしたら使えるのかも地元住民に理解してもらい、地元の方に使ってもらえるように考え開発されています。緑を増やすだけでなく成長させることも考えながら開発していき砂漠緑化活動しています。

砂漠緑化に適した植物の役割とは

砂漠緑化をすすめる上で、その土地にあった植物を植えることが大切です。砂地でも適応でき、気候や土壌の酸性土にふさわしい木々や草を選ぶことが必要不可欠です。たとえば、ポプラの木は過酷な環境にも耐えることができ、成長も早いため緑化に向いています。

樹高が高いため、防風林としても利用できます。また、牧草としても栄養価が高いマメ科の羊柴は、流動砂丘の緑化に最適とされています。このように、ただ植物を植えるだけでなく、その土地や生活する人にとっての利便性を考えた砂漠緑化がすすめられています。植えられる植物が限られてしまいますが、現地では苗の植え方や、育て方を工夫しながら新たな取り組みにチャレンジしています。

企業の砂漠緑化活動

世界各国で行われている砂漠緑化事業について。

株式会社タイキ
〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

砂漠緑化活動や事業についての関連記事