売らなきゃ損するリサイクル術!大阪のリサイクルショップ

リサイクルは何でも買い取ってくれる訳ではありませんが利用価値の高いものは高価で買い取りをしてくれます。電化製品などの日常品だけでなく、ブランド品や自分では必要が無くなった、服なども他人からみれば、必要なものの可能性があります。

砂漠緑化の基本的な考え方

砂漠緑化するには、砂漠の拡大を食い止めることです。砂漠の辺緑地帯に沿って人工造林を作り、鎖のように砂漠の拡大を止めます。砂漠が風に乗って拡大するのを防ぐ効果もありますし、周辺住民の家も守る事が出来ます。

造林を作り砂漠の拡大を止めることに成功すれば、その周辺の土壌環境を調べ、砂漠緑化を進める地域にあった植物を植えていきます。植物を植えることにより、その場所にしっかりと根をはって、土が風によって簡単に飛ばされなくなるためです。

そして植物が成長する為の水を撒く機械を設置して、自然に植物が繁殖していく環境を作っていく活動が砂漠緑化です。

砂漠緑化によるデメリット

現代においてNPOや、様々な企業が積極的に行っている「砂漠緑化」なのですが、本当に良い面しかないのでしょうか?

良い面としては、気候を安定することができる、作物の量が増える、土壌が豊かになることによって、住みやすくなるといった点が挙げられます。一方で、砂漠でしか暮らしていけないような生物にとっては弊害になってしまいます。もし砂漠緑化が進んでしまったらそこでは暮らしていけなくなってしまうためです。

砂漠でしか暮らせない生物は返って貴重ですので、それらがいなくなってしまうことは生体系にとっても大きなダメージです。土地について詳しく調べることが、地球環境の未来を考えた砂漠緑化活動を進める基礎となります。

砂漠緑化によるメリットとは

最近注目を集めている砂漠緑化ですが、一体どのようなメリットが砂漠にとってあるのでしょうか?一つ目は砂漠の厳しい環境では生きることができなかった動物などが住めるようになることによって、生態系の輪が広がるということ、二つ目は木には水を溜めこむ性質をもっているため、木が増えることによって貯蓄することができる水の量が増える(=海に流れる水の量を少なくすることができる)ということです。

砂漠緑化によって緑が増えることにより、二酸化炭素を吸収してくれることが期待されており、それに伴い温暖化を防ぐことにも繋がります。また作物も今までよりも多くの種類育成できるようになります。

砂漠緑化における詳細とは

地球規模の問題として、年々増えている砂漠化の問題があります。その問題に伴い、砂漠緑化という活動が行われるようになりました。

砂漠緑化を行うことで、温暖化の進行を防止することもできると言われています。砂漠の緑化は枯渇してしまい砂漠化してしまった大地に、緑を植えていく活動として世界中から脚光を浴びるようになりました。砂漠の原因となる土をより良くし、植えた木が林や森に発展していくプロジェクトとなります。

未来に続くプロジェクトとして、砂漠緑化活動は世界中で行われています。問題点も数多くありますが、一つ一つを解決しおこなっていく事が課題となっています。

砂漠緑化の問題について

世界の問題として挙げられる大きな問題は、地球における陸地の4分の1から6分の1の人々が砂漠化の影響を受けているといわれています。

その現状を受けて1944年には砂漠化防止条約が締結され、世界をあげてこの問題に対して解決していくことに決まりました。砂漠緑化については、その土地の生態系も関係してくることではありますので、簡単な問題ではありませんが枯渇した土地では受けられる資源もなく、飢餓の問題も引き起こしてしまうことが分かっています。そのような現実をしっかりと見つめて問題の解決に努めることが重要です。

企業の砂漠緑化活動

世界各国で行われている砂漠緑化事業について。

株式会社タイキ
〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

砂漠緑化へパイプが重要に

砂漠が多い地域で、緑を作るためには水が必要です。しかし水の確保はかなり難しくなり、水源から持っていくのが困難な地域もあります。そこで採用されているのが、パイプを利用して水を運び、水道を身近に作ってしまう方法です。

これなら誰でも水を与えられる他、常に水を出すことができる機能を持たせて、砂漠緑化を実現できます。こうした取り組みのために、まずは水道を取り付ける作業が行われます。

パイプを使って海水を取り込み、ろ過してから普通の水として提供するのです。この事業を行っている会社では、使うパイプを厳選しているようです。

砂漠緑化活動や事業についての関連記事