売らなきゃ損するリサイクル術!大阪のリサイクルショップ

リサイクルは何でも買い取ってくれる訳ではありませんが利用価値の高いものは高価で買い取りをしてくれます。電化製品などの日常品だけでなく、ブランド品や自分では必要が無くなった、服なども他人からみれば、必要なものの可能性があります。

砂漠を緑豊かにする砂漠緑化

砂漠緑化とは、砂漠に木を植えて動植物あふれる豊な土地に変えることです。しかし砂漠に木を植えるといっても実際には簡単なことではありません。

砂漠には育つために必要な栄養も水もないので肥料を与え続け、遠くから水路を造り水源を確保しなければいけません。その土地の気候に合わせて砂漠緑化のための木を選ぶ必要もあります。また、動物に食べられないように柵で囲ったり、茂りすぎないように剪定して日当たりを良くしたりと、労力と長い年月がかかります。

大変な作業ですが、緑豊かになれば農地にも活用でき、自然だけではなく人の暮らしも豊で良いものになります。世界中で砂漠化が進んでいる現在では砂漠緑化の活動はとても大切で必要なことです。

砂漠緑化で求められること

砂漠緑化では砂漠化して植物が育たなくなったところに植林をしていきます。植林して完了するのではなく、肥料、剪定、水やりなどの世話を継続的にしていく必要があります。そのためには、地域の人が砂漠緑化の意味を理解し、活動を引き継いでいくことが大切です。

砂漠化した土地は、放牧された家畜によって荒らされて生まれることが殆どです。土地の人が大切にする家畜と自然が共存していけるように努めることが求められます。そのためには、砂漠緑化活動から何が得られるのかということも説明していくべきです。

自分達のためになると分かれば、地域の人も積極的に砂漠緑化活動に参加し、恩恵を受ける道をたどっていけるでしょう。

砂漠緑化 のメリットとデメリット

砂漠緑化にはメリットデメリットがあります。デメリットして考えられることは、砂漠の生態系が破壊されるという事です。砂漠には砂漠に適応して生きている生物がいるからです。しかし、それは、元から砂漠だった場所に限ります。

最近になって砂漠になったような場所であれば、砂漠緑化する事に問題はありません。砂漠をなくす事は問題ですが、緑を取り戻す事は問題にはなりません。

砂漠緑化をするには、苗を植えてそれで完成というわけではなりません。木植えたら、水を与えて、肥料も与えて、剪定も必要です。何年も何十年も手入れし、管理していかなければなりません。

砂漠緑化を促進し地球に緑を増やそう

現在環境汚染により、地球全体で砂漠が進んでいます。そこで砂漠緑化の動きが始まりました。砂漠に緑を植えて、地球全体に緑を増やそうと言う活動です。ですが、ただ植物を植えただけでは育ちません。植物を育てるための水が必要です。

砂漠には水がないため、どうやって水を供給するかと言う問題があります。井戸掘る、川から水をひくなど、かなりの労働力を必要とします。なぜそこまでして砂漠緑化のために植物を植えなければならないか、その一つは地球温暖化の防止が挙げられます。植物がなくなると言う事は、生物の生きられる環境ではなくなるのです。

砂漠緑化における内容とは

世界的に注目されている環境活動、砂漠緑化を知っていますか。その名の通り、砂漠化した土地に木を植え、緑や森を増やしていく活動を指しています。

この砂漠緑化の活動内容は、環境保全の活動として世界各国でおこなわれています。活動的にはまだまだ未知数な部分がありますが、広がる砂漠化を食い止める有効な手段の一つとされていて、温暖化防止にも一役かっています。

世界の問題として人口も増え続けている点も挙げられますので、世界中の飢餓を救うためにもこのような砂漠緑化活動は非常に大切なものと言えます。興味がある際にはNPOなども発足されていますので、訪ねてみるのもいいでしょう。

砂漠緑化における取り組みとは

砂漠化現象は、人が増えてくることで農作物をつくるための開墾が進められたことと、家畜の数が増えたことによって、その餌さとなる草が根こそぎ食べられてしまったことが大きな要因です。

この砂漠は沙地とよばれ、元々植物が生い茂っていた場所のため、地下には水があるものです。現在、砂漠緑化をすすめる上で、井戸を堀りあげて、草などの苗木を植えて育てる取り組みが行われています。うまく育つように、砂地の流動を食い止めるための工夫が必要不可欠です。また、土地の気候や砂漠でも強く、そこで生活する上で必要となる植物を選んで、植えています。

企業の砂漠緑化活動

世界各国で行われている砂漠緑化事業について。

株式会社タイキ
〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

砂漠緑化活動や事業についての関連記事