売らなきゃ損するリサイクル術!大阪のリサイクルショップ

リサイクルは何でも買い取ってくれる訳ではありませんが利用価値の高いものは高価で買い取りをしてくれます。電化製品などの日常品だけでなく、ブランド品や自分では必要が無くなった、服なども他人からみれば、必要なものの可能性があります。

世界各国が取り組む砂漠緑化計画

植物が育ちにくい場所として知られている砂漠ですが、現代の科学を駆使して砂漠緑化計画に世界各国が尽力しています。

砂漠を緑化することができれば、人間の生活圏が増えることや温暖化問題に対して大きなアドバンテージを得ることができるなどたくさんのメリットがあります。

しかし計画はあくまで計画で、実行に移すことは困難を極めています。けれど実際に砂漠にオアシスがあるように砂漠緑化が不可能なことではないので、まずは植林などで小さな面積の場所に緑を増やすことが必要です。そのために人力で水をあげ、砂の進行を防ぎ、少しずつ植林の範囲を広げていくことが大切です。

砂漠緑化の問題点について

砂漠緑化とは、砂漠に植物を植え、それらがきちんと育つための算段を立てることを言います。砂漠化してしまった土地に植生を回復するために行われます。また、生態系の回復と二酸化炭素の貯蔵による地球温暖化の防止も重要な目的としています。

砂漠緑化の問題点としては、砂漠にも砂漠固有の生態系が存在しているため、緑化によって植えられる植物が生態系に影響を与える可能性があることです。また、緑化によって起こる気候の変化も、砂漠の生態系に影響を与える可能性があるのです。砂漠緑化に際して、どちらも細心の注意を払って行う必要があります。

砂漠緑化の特徴について

砂漠緑化とは砂漠に草や木を植えること、あるいは植生を回復させるために用いられる手法の総称のことをいいます。

砂漠化の進行阻止や地球温暖化の防止などさまざまな目的があり、NGO(非政府組織)や企業、政府などが主体となって砂漠緑化活動をしています。主な技術としては、植物を根付かせるために行われる砂防・植栽技術をはじめ、水・土壌管理技術や乾燥などのストレスに強い植物種を選定する技術などがあります。

砂漠には固有の生態系があり、緑化による変化によって生態系に影響を及ぼす可能性もあるため、砂漠緑化を行う際には緑化の手段や環境への影響などを十分に注意する必要があります。

企業団体が取り組む砂漠緑化事業の利点について

政府や自治体、NGOなど、様々な企業団体において取り組みが行われている事業の一つに砂漠緑化が挙げられます。環境保護が重要課題とされる現代において、貧相な砂漠の生態系を豊かな多様性に戻す事、海面水位上昇を抑える事、また二酸化炭素の固定化が進み、地球温暖化が防止される事など、様々な目的が含まれています。

また農耕地が増える事によって、食料やエネルギーの増産、開発にも力が入れられるようになります。農地としての砂漠緑化だけではなく、牧場としての開発活動、草原の回復など、幅広い要素に対応されながら計画が進められています。

砂漠緑化の問題点とは

地球環境の問題として、より深刻な問題として挙げられるのが砂漠化の問題です。これからの世界は人口が増加していく事が分かっていますので、より豊富な資源が必要となってきます。そのような場合に、砂漠化によって貴重な資源が奪われてしまうのは、非常に勿体無いことだと言えます。一つの解決方法としては砂漠緑化があります。

万全の解決策とは言えませんが、砂漠に森林を誕生させることによって、豊富な資源を生み出そうという活動が砂漠緑化です。

さまざまな国々が緑化の活動をおこなっていて、日本においても砂漠緑化の活動や研究はおこなわれています。

企業の砂漠緑化活動

世界各国で行われている砂漠緑化事業について。

株式会社タイキ
〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

砂漠緑化活動や事業についての関連記事