売らなきゃ損するリサイクル術!大阪のリサイクルショップ

リサイクルは何でも買い取ってくれる訳ではありませんが利用価値の高いものは高価で買い取りをしてくれます。電化製品などの日常品だけでなく、ブランド品や自分では必要が無くなった、服なども他人からみれば、必要なものの可能性があります。

砂漠緑化に適した植物

砂漠緑化の試みは全世界で行われています。砂漠化進行の阻止や、農地の拡大のためです。

砂漠緑化を試みる時に、考えなければならないのは、適している植物と、適さない植物がある事を認識する事が必要になります。乾燥や暑さ、または寒さ、土壌の状態を考慮する必要があります。土壌がアルカリ性であれば、耐塩性である必要もあります。

たとえばヤマアンズ、は比較的生育が早く、杏仁豆腐の原料や、漢方薬にも使われる植物ですので、砂漠緑化だけでなく貧困対策にも有効です。美しい花が4月から5月に咲きます。実がなるのは6月から7月です。根粒菌をもつサジーは現在試験中です。

砂漠緑化で人も緑も豊かに

砂漠は世界中にありますが面積も広大で、水も緑も無い砂漠では人や動植物にも厳しい環境です。砂漠に木を植えて砂漠緑化されれば緑豊かな自然に蘇らせることができ、農地にも活用できるので自然も人の生活も豊かになります。

しかし、何もない砂漠に木を植えることはとても難しいことです。気候にあった品種を選び、大規模な水路を造って水源を確保して肥料を与え続け、動物の被害から守り、日当たりを良くしたりと大変な労力と時間が掛かります。砂漠化が進んできていて、水不足や食料不足問題が議論されている現在では重要かつ必要な事です。世界中で砂漠緑化のための研究が実施されていて日本も貢献しています。

砂漠緑化の重要性とは

砂漠緑化とは、木や植物が生えなくなった砂漠化した土地に緑を取り戻そうとする活動です。砂地に木を植えるには、まず根が張りやすい仕組みを作らなければなりません。

稲わらや麦わらなどその土地にあるものを使い、砂の中に埋め込みます。また放牧された家畜が木や植物を食べて、砂漠化した経緯もありますから、砂漠緑化のための木を植えるエリアの周囲は、家畜が入れないように柵で囲う必要があります。

何よりも大切なのは、地域住民の理解と参加を促すことです。砂漠緑化をすることの意味を根気よく説明して、理解を得られるようにするのです。将来的には、自分達で肥料、剪定、水やりをしていけるようになるのがベストです。

砂漠緑化とはどのような活動か

地球温暖化にともない、砂漠化がどんどん進んでいます。砂漠化が進むと、農作物や生活地域に、とても影響が出てしまいます。そのような問題を解決するために、行われている活動が砂漠緑化です。

砂漠化が進んでいる地域に、植物を植えたり、作物を植えたりして緑を増やす砂漠緑化活動をしています。ただ植物を植えるだけでは、植物が育たないのでその地域の土壌を調べて、どの植物が適正あるのかを見極めなければいけません。

そして適正の植物を植えたら終わりではなく、植物が育つ環境を整えないといけません。砂漠緑化活動の一環として自動で水を撒く機械なども設置しています。

大学と官公庁

大学と官公庁についてご紹介

企業の砂漠緑化活動

世界各国で行われている砂漠緑化事業について。

株式会社タイキ
〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

砂漠緑化活動や事業についての関連記事